発売当初から愛用している2台目MacBook Air 11インチが熱暴走。Appleハードウェアテストを実行するとバッテリーに問題があると言われたよ。

16/07/2017

MacBook Airの背面が熱い。熱すぎるので対処方法を調べていると、MACにハードウェアをテストする診断機能があることがわかり実行してみることに。

Mac で Apple Hardware Test を使う方法」を参考に、Mac の電源を入れて、すぐにキーボードの「D」キーを押したままにし、Apple Hardware Test のアイコンが表示されるまで、「D」キーを押し続けました。

すると。。。

IMG_0785.JPG

「MACを検査中… あと2分」と表示。待ちましょう。

すると。。。

IMG_0789.JPG

バッテリーの修理が必要です。
バッテリーの修理が必要です。動作や充電可能量は以前と変わらないように思えるかもしれませんが、正常に機能していません。検査を受けるまでこのバッテリーを使用し続けても、コンピュータは損傷しません。
参照コード:PPT004

との表示が。。。

「サポートと修復オプションにアクセスできます」と書いてあるので、「開始する」リンクをクリック。
自動的に再起動が始まります。

IMG_0787.JPG

OS X 復旧モードで再起動中。。。

IMG_0788.JPG

Safariが起動してネットに繋いだら、アップルのGenius Barのページでした。
とりあえず、MACをシステム終了し電源も外した状態で1時間ほど放置しておきました。

すると、なんということでしょう!?
システム終了してから次の日まで動画や負荷のかかる作業をしても、MacBook Airの背面が熱くなりません。CPU、GPU共に38℃〜40℃あたりです。

もしかするとーー、って思い、
改めて次の日に、ハードウェアテストを実行しましたが、残念!! 問題は解決されていませんでした。

仕方がない日本に戻ったら、アップルに行って診てもらいましょう。



ただ、これでわかった事もありました。
ハードウェアテストする前は、MACのCPUファンに問題があるのかなと思っていましたが、電源を繋いで作業をしなければMACの背面は熱くならないことがわかりました。

バッテリー本体に問題があり、充電と放電を同時に行うと熱が出るということのようです。

今回、色々調べてて、前々からホコリ掃除したいなと思っていたので、Amazonで背面裏蓋を外せる特殊なドライバーを購入することにしました。

MacBook Airの背面裏蓋の特殊なネジを外すには、特殊な星型のドライバー「ペンタローブ1.2mmドライバー」が必要。Apple純正品はないようです。Amazonのレビューをみてゴールドを購入。レビューはブルーの方が多いのでそちらを参考にしました。


Univarcブランド【メーカー保証書付属】メンテナンスの必需品! MacBook Air Macbook Pro 星型ドライバー 1.2mm 水色 スカイブルー メーカー保証書 豪華2点セット! 分解 掃除 iPad MacBook Air Macbook Pro 専用ネジ


Univarcブランド【メーカー保証書付属】メンテナンスの必需品! MacBook Air Macbook Pro 星型ドライバー 1.2mm 金色 ゴールド メーカー保証書 豪華2点セット! 分解 掃除 iPad MacBook Air Macbook Pro 専用ネジ

ランキングに参加中です。ポチッと応援よろしくお願いします!!