悪漢南洲

30/05/2017

「妖説太閤記」とか「影武者徳川家康」とか「逃げろ家康」とか「やる夫新関ヶ原」とか「300年のベール」とか、そういう歴史小説が好きなんですが(家康率が高すぎるのはなぜなんだ)、今さっき思ったのだけど、「悪漢南洲」ってのはどうだろうか。

西郷隆盛がことの最初からことの最期まで、機会主義者でワナビーで。
斉彬を利用して、利通を踏台にして、ポンニチの夜明けぜよなんてのはてんで馬鹿にしてて、奄美の姉ちゃんは孕ませて捨てて、自分の欲のために人が死んでも京が焼けても良くて、とうぜん孝明天皇も殺して、明治政府にはどぎつい政争をかまして、西南戦争は本当に勝つつもりでやったっていう。

ランキングに参加中です。ポチッと応援よろしくお願いします!!

Facebook

Posted by ktakeuchi